名古屋大学省エネ・節電実行計画 [令和2年度]

省エネ大賞ロゴ

 これまで本学の構成員が一体となって実施してきた省エネルギーの取組みが高く評価され、平成29 年度省エネ大賞(資源エネルギー庁長官賞)を受賞いたしました。各部局においては、その後も省エネルギー対策に取り組んで頂いているところと思いますが、引き続き、自律的な活動推進に、ご協力をお願いいたします。

省エネルギー対策への協力について(依頼)

名古屋大学省エネ・節電実行計画 [令和2 年度]

実行計画
( PDF : 240KB )

 本学は、名古屋市の業務用事業者のうち、エネルギー消費量が突出して1位となっているとともに、エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネルギー法)により、延床面積あたりエネルギー消費原単位で年間1%以上の削減義務を負っている。 これをうけ、本学の「キャンパスマスタープラン2016」では、二酸化炭素排出を2024年度までに30%削減する(2005年度比)目標を掲げ、特にエネルギー使用量が増大する夏季・冬季には省エネ・節電実行計画を定めて、構成員の省エネ行動を推進しているところである。
 今年度は、現在のコロナ禍において従前の活動は困難であるため、年間を通じた施設管理面からの省エネルギー・節電対策に重点をおいて活動を行う。

省エネ・節電実行計画(抜粋)

  • 【取組の実施期間】
    • 令和2年7月1日(水)~令和3年3月31日(水)

  • ■冷房期間(一般用途)
     令和2年7月1日(水)~9月15日(火)
    ■暖房期間(一般用途)
     令和2年12月1日(火)~令和3年3月15日(月)

    ※但し、本取り組みにあたっては、学生、教職員等の健康や安全管理に十分ご留意いただくとともに、実験等定温設定が必要な部門を除くなど、利用状況にあわせて運用ください。

  • 【省エネ・節電の重点事項】
    • 新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、教育・研究活動が制限されていることを勘案し、特定施設の設備を対象に省エネ・ソリューションを展開する。
    • (1) 東山地区:ベース電力消費の大きい施設のエネルギー診断・改善
    • 東山地区でベース電力消費の大きい主要な研究施設に対して、消費エネルギーの分析・診断を行い、運用改善を提案・実施する。

    • (2) 鶴舞地区:病院ESCO事業後の継続的な省エネルギー対策の推進
    • 病院ESCO 事業後における継続的な省エネルギー推進体制を構築するとともに、消費エネルギーの分析・診断を行い、運用改善を提案・実施する。

    • (3) 主要部局のエネルギー使用データ定期レポート化
    • 東山地区の主要部局のエネルギー使用状況を分析し、定期的にレポートする。


バックナンバー

古い年度のデータをご覧になりたい場合は、
skikaku@adm.nagoya-u.ac.jp までお知らせください。