平成28年度(冬季)省エネ・節電実行計画

冬季の省エネルギー対策への協力について(依頼)

冬季の省エネルギー対策・節電への協力について(依頼)

連絡文書
( PDF : 1,605k )

キャンパスマネジメント本部
本部長(理事) 木村 彰吾

本学は、名古屋市の業務用事業者のうち、エネルギー消費量が突出して1位となっていると共に、エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)により、エネルギー使用量に対する年間1%以上の削減義務を負っている。
これを受けて本学は、二酸化炭素排出を2024年度までに30%削減する(2005年度比)目標を掲げたところである。
また、2015年度の総エネルギー使用量は、前年度比で約3%増加し、光熱水費は2016年度一般運営費交付金の約10%(28.7億円)に達する。
このような状況のため、エネルギー使用の総量削減とピークカット(省エネ・節電)の実現に向けた本学構成員の総力を挙げた取り組みが急務となっている。
さらには、本学が持つ英知を結集し、社会の持続的な発展に率先して貢献する姿勢を示すことが重要であるため、特にエネルギー使用量が増大する冬季に省エネルギー・節電対策を実行する。

省エネ・節電実行計画

  • 【取組の実施期間】
    • 平成28年12月 1日(木)~平成29年 3月31日(金)
    • ※省エネ・節電の取組にあたっては、学生、教職員等の健康や安全管理に十分留意
    • していただくようお願いします。

  • 【一般用途の暖房期間】
    • 平成28年12月 1日(木)~平成29年 3月15日(水)
    • (但し、上記以外の期間において、健康管理上支障となるおそれのある場合ならびに
    • 実験等定温設定が必要な部門を除く。)

  • 【省エネ・節電の重点項目】
    • (1) 12月の第2週目を「ベース電力削減対策week」とし、ベース電力削減行動の強化週間とする
    • ※特に研究用機器およびサーバ類に対する取り組みを強く呼びかけます

    • (2) ウォームビズならびに空調制御による暖房エネルギー消費の抑制を積極的に推進する
    • ※設定温度の上限値を23℃とする。(室温は19℃を目安とする)
    • ※ウォームビズでは、居室内での重ね着や膝掛けの利用など、工夫をお願いします

    • (3) 省エネ推進体制の連携を強化する (省エネットワーク)
    • ※本部・部局担当者にて学内ラウンドを実施し、省エネ対策の課題を収集して具体策を検討
    • します

    • (4) 省エネ提案箱により、構成員から省エネ提案を広く募集する

    • (5) エネルギー消費削減のためのインセンティブ・システムを試行する
    • ※期間エネルギー使用量が昨年度より減少した部局に報酬(インセンティブ)を与える
    • 対象期間は12月~2月、東山地区のみを対象とし、報酬財源は省エネ推進経費とする

    (連絡文書より)

冬季の省エネルギー対策について

「冬季の省エネルギー対策について」(文部科学省ホームページへのリンク)

バックナンバー

古い年度のデータをご覧になりたい場合は、
skikaku@adm.nagoya-u.ac.jp までお知らせください。