名古屋大学教職課程について
  
《令和3年度教職関係科目について》
   
   ◎ 開講一覧・授業内容(シラバス)  令和3年7月19日更新

    ・7月19日更新
     「英語科教育法Ⅱ」の開講場所が決定しました。

     教室の場所はこちらから。

    
・7月14日更新
     「社会科教育法Ⅲ」の開講場所が決定しました。

     ○「社会科教育法Ⅲ」受講予定の皆様
      8月13日(金)は大学の一斉休業日のため、教育学部棟2階のお手洗いは使用できません。
      1階のお手洗いは使用可能ですので予めご了承ください。

    ・7月12日更新
     「地理歴史科教育法Ⅰ」「公民科教育法Ⅰ」の開講場所が決定しました。
     「数学科教育法Ⅳ」「理科教育法Ⅱ」「理科教育法Ⅳ」の開講時限が決定しました。


    
・7月7日更新
     以下のページ朱書き箇所を修正しました。
     1~3ページ(理科教育法Ⅰの日程や、秋学期の履修方法が変更になっています。)

      
    
・3月25日更新
     以下の夏期集中講義の日程を更新しました。
     「教育課程論」(冨田先生)
     「特別支援教育」(永田先生・吉橋先生)
     「社会科教育法Ⅰ」(松本先生)


    
・3月19日更新
     以下の夏期集中講義の日程を更新しました。履修予定の方は必ず確認してください。
     「特別活動・総合的な学習の時間の指導法」(久野先生)
     「教育課程論」(原田先生)
     「公民科教育法Ⅰ」(山田先生)     

    
・3月18日更新
     秋学期開講科目の一覧(p.2)を更新しました。春学期の履修登録に影響はありません。

     
     開講形態  令和3年7月7日

    ・春学期集中講義「特別活動・総合的な学習の時間の指導法」が対面授業となります。


    新2年生(理学部及び農学部)向け「教育心理学」について  令和3年3月22日

     理学部及び農学部の学生で春学期に「教育心理学」を履修予定の方は必ず確認してください。
  
《教員免許状の取得を目指す方へ》

 教員免許状の取得を希望する学部1年生の方は必ず読んでください。
 その他の学年の方で取得を考えている方も、まずこの資料を読んでください。


   ◎ 教員免許状の取得を目指す方へ ※令和元年6月掲載



《教職課程の手引》

  教育職員免許状の取得希望者は、以下の「教職課程の手引」を参照し、必要な科目の履修・修得を
 してください。

   ◎ 令和3年度教職課程の手引  令和3年7月19日更新

       ・「英語科教育法Ⅱ」の開講場所が決定しました。
      
      
・「社会科教育法Ⅲ」の開講場所が決定しました。

      
・「地理歴史科教育法Ⅰ」「公民科教育法Ⅰ」の開講場所が決定しました。
    
       ・「数学科教育法Ⅳ」「理科教育法Ⅱ」「理科教育法Ⅳ」の開講時限が決定しました。

    
      
・以下のページ朱書き箇所を修正しました。
         20、22~23ページ(理科教育法Ⅰの日程や、秋学期の履修方法が変更になっています。)


      
・23ページ中、集中講義「理科教育法」について「Ⅱ」が2つ記載されていたため、
         9月1日~3日の日程のものを「Ⅲ」に修正しました。


(注意事項)
 ・ 第1部は令和3年度入学生を対象とした内容です。令和2年度以前の入学生は入学年度の
   教職課程の手引や学生便覧を参照してださい。手元にない場合は所属学部・研究科の
   教務担当係にお問い合わせください。
 ・ 第2部は全入学年度の学生を対象としています。(令和3年度の授業一覧やシラバスを掲載しています)

   ◎ 教職課程の手引(抜粋) ※2018年度入学者用(旧課程学生向け参考)

    2018年度以前の入学者は旧課程が適用されます。参考に2018年度入学者用の
    「教職課程の手引(抜粋)」を掲載します。入学年度により該当科目等が違う場合が
    ありますので、詳細は所属学部の教務担当係に確認してください。



《令和3年度教育実習関係冊子》  令和3年3月30日更新

   令和3年度教育実習に参加する学生は確認してください。

   ◎ 令和3年度教育実習の手引

   ◎ 令和3年度教育実習記録  PDFファイル
   ◎ 令和3年度教育実習記録  Wordファイル

   ◎ 令和3年度教育実習事前・事後指導ノート  PDFファイル
   ◎ 令和3年度教育実習事前・事後指導ノート  Wordファイル


《令和4年度教育実習参加申込・介護等体験実施申込について》  令和3年3月30日


   令和4年度実施の名大教育学部附属学校における教育実習の申込みは、メールで受け付けます。
  希望者は以下より申込書をダウンロードし、必要事項を入力の上、教育企画課宛にメール
  (kyosyoku@adm.nagoya-u.ac.jp)で提出してください。
   なお、申込期間等は「令和4年度教育実習参加申込について」を確認してください。


   ◎ 令和4年度教育実習参加申込について

   ◎ 令和4年度教育実習参加申込書  Wordファイル

   ◎ 令和4年度介護等体験実施申込について

   ◎ 令和4年度介護等体験実施申込書  Wordファイル

  

《教職実践演習および履修カルテの概略》

  教育職員免許法等の改正により、教職に関する科目として「教職実践演習」が新設され、平成25年度
 (2013年度)から開講しています。
本科目は教職課程の総まとめとして位置付けられた科目で、教職関
 連科目の履修状況を踏まえ、教員として必要な知識技能を修得したことを確認するとともに、不足する
 知識や技能等を補うことを内容とする授業科目で、履修年次は教育実習を終えた学部4年次後期となり
 ます。(大学院生の場合は履修年次の指定はありませんが、教育実習を終えていることが条件となりま
 す。)
  教職実践演習の新設に併せて、本科目履修者には「履修カルテ」の作成・提出が義務付けられました。
 履修カルテは、教職課程の履修初期段階(概ね1年次後期)から、学生自身で随時作成していくもので、
 教職を志す意志や自分の教職関連科目の修得状況等を随時記録していき、教職課程における科目履修等
 をより充実したものとするとともに、教職実践演習の授業担当教員が授業を行う上で参考とするもので
  履修カルテの提出が無い学生には教職実践演習の履修が認められないため、ひいては教員免許を取得
 できないこととなります。定期的な記録を行うよう心懸けてください。
  詳細は以下の「◎名古屋大学教職課程履修カルテについて」を確認してください。

《履修カルテの取扱いについて》

  まずは、下記「◎名古屋大学教職課程履修カルテについて」のファイルの内容を熟読してください。
 その後、「各様式(表紙、様式1~4)」をダウンロードし、各自で適切に作成・管理を行ってくださ
 い。「各様式」のExcelファイルは6シートありますので注意してください。
  また、2019年度入学者から新様式(新課程用)が適用されますので,2種類の様式を掲載しています。
 各自の入学年度にあった様式を使用するようにしてください。


     ◎ 名古屋大学教職課程履修カルテについて PDFファイル  令和元年9月27日更新
        (注)2019年度は今回の更新にかかわらず「教職実践演習」履修希望者は、
          履修カルテと共に修得科目確認表を部局の教職担当に提出してください。
        
     ◎ 各様式(表紙、様式1~4)(2018年度以前入学者用)  Excelファイル

     ◎ 各様式(表紙、様式1~4)(2019年度以降入学者用)  Excelファイル
     ※ 2019年3月掲載



《教育職員免許法等の改正に伴う経過措置について》

  教育職員免許法等が改正されたことにより、2019年4月1日以降の入学生から新しい教職課程(新課程)
 が適用されることになり、従来の教職課程(旧課程)から必要修得単位数や開設科目が変わります。
 詳しくは以下の資料を参照してください。質問等がある場合には、所属学部あるいは取得希望の免許状
 の課程を持つ学部の教務担当係にお問い合わせください。

    ◎ 教育職員免許法等の改正に伴う経過措置について<旧課程適用者向け>
    (2018年度以前入学者向け)
            ※平成31年3月掲載

     ◎ 教育職員免許法等の改正に伴う経過措置について<新課程適用者(旧課程での修得科目あり)向け>
     (2019年度以降入学者向け)
       ※平成31年3月掲載  令和元年9月25日更新


「学生・子供応援サポーター人材バンク」の開設について 令和2年5月1日更新

   ◎ 文科省からの案内及び登録方法

     夏期の休業期間等は、新型コロナウイルスの影響で、平常の授業や教職科目の集中講義が行われるた
     め、人材バンクへの登録や実際の活動への参加については、自身の授業や生活に支障をきたすことが
     ないよう、生活に無理のない範囲で検討してください。



《注意事項》
  1.教職課程に関する質問は、まずは上記に掲載の「教職課程の手引」及び各学部・研究科の学生便
      覧」や掲示物をよく確認し、なお不明な点があれば所属の教務担当係で相談してください。
  2.教職実践演習の履修手続き等の詳細については、本年度版の「教職課程の手引」及び掲示等により
   案内します。
  3.その他必要事項(教職科目の講義室変更,授業日変更等)については掲示等により案内します。