名古屋大学省エネ・節電実行計画 [H29 年度 冬季]

冬季の省エネルギー対策への協力について(依頼)

冬季の省エネルギー対策への協力について(依頼)

実行計画
( PDF : 2.1MB )

 本学は、名古屋市の業務用事業者のうち、エネルギー消費量が突出して1位となっていると共に、エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)により、エネルギー使用量に対する年間1%以上の削減義務を負っている。
 これを受けて本学は、キャンパスマスタープラン2016にて二酸化炭素排出を2024年度までに30%削減する(2005年度比)目標を掲げている。
 また、2016年度の総エネルギー使用量は、建物面積の増加等により前年度比で約3%増加、光熱水費は2017年度一般運営費交付金の約9%(24.8億円)となっている。
 このような状況のため、エネルギー使用の総量削減の実現に向けた本学構成員の総力を挙げた取り組みが急務となっていることから、エネルギー使用量が増大する冬季に省エネルギー・節電対策を実行する。

省エネ・節電実行計画(抜粋)

  • 【取組の実施期間】
    • 平成29年12月1日(金)~ 平成30年3月31日(土)
    • ※省エネ・節電の取組にあたっては、学生、教職員等の健康や安全管理に十分留意していただくようお願いします。

  • 【一般用途の暖房期間】
    • 平成29年12月 1日(金)~ 平成30年3月15日(木)
    • (但し、上記以外の期間において、健康管理上支障となるおそれのある場合ならびに 実験等定温設定が必要な部門を除く。)

  • 【省エネ・節電の重点項目】
    • (1) エネルギー消費削減のためのインセンティブ・システム(試行)
    • ※期間エネルギー使用量が昨年度より減少した部局に報酬(インセンティブ)を付与します。
      対象期間は夏期(7~8月)及び冬期(12~2月)、省エネ推進経費を財源とするため東山地区のみを対象とします。

    • (2) 実験装置等の省エネ推進
    • ※実験装置等の省エネ運用対策事例収集のため、省エネ対策の提案や計測支援を得たい研究室等を募集します。

    • (3) ベース電力削減対策week
    • ※12月の第2週目を「ベース電力削減対策week」とし、各部局の省エネ推進担当者を中心に、ベース電力削減のための各種対策等に 重点的に取り組んでください。

    • (4) 晴天時の暖房設定温度緩和
    • ※晴天時や暖かい昼間などは、空調設定温度を通常よりも1℃緩和するように努めてください。また、居室内での重ね着や膝掛け利用などのウォームビズを推進し、補助暖房器具は使用しないでください。     

バックナンバー

古い年度のデータをご覧になりたい場合は、
skikaku@adm.nagoya-u.ac.jp までお知らせください。