平成27年度(夏季)省エネ・節電実行計画

夏季の省エネルギー対策への協力について(依頼)

夏季の省エネルギー対策・節電への協力について(依頼)

連絡文書
( PDF : 1,291k )

施設計画・マネジメント委員会
委員長(理事) 竹下 典行

名古屋大学は、名古屋市の業務用事業者のうち、東山キャンパスが1位、鶴舞キャンパスが2位のエネルギー消費事業者となっており、エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)によってエネルギー使用量に対する年間1%以上の削減義務を負っています。
これを受けて本学は、二酸化炭素排出量の削減目標を、2024年度までに30%削減(2005年度比)することを検討しています。
また、2014年度の光水熱費は、前年度に比べて約16%(3.8億円)増加、2015年度一般運営費交付金の約12%(30.7億円)に達します。
このような状況のため、エネルギー使用の総量削減とピークカット(省エネ・節電)の実現のため本学構成員の総力を挙げた取り組みが急務となっており、さらには地球環境保全に対して、本学が持つ英知を結集し、社会に対して率先して取り組むべき姿勢が重要であり、特にエネルギー使用量が増大する夏季の省エネルギー・節電対策を実行します。

節電のための空調停止への協力について(依頼)

日頃から省エネルギー対策・節電にご協力いただいているところですが,これからエネルギー消費量が一年で最も多い季節を迎えます。
消費電力が増大するこの時期,節電のため例年同様の空調停止にご理解とご協力をお願いいたします。

節電協力依頼時の空調停止時間帯割り振り

( PDF : 225k )

省エネ・節電実行計画

(連絡文書より)

※省エネステッカーの在庫が若干ありますので、ご入り用の方は施設管理課電気エネルギー管理係までご連絡ください。ステッカーの詳細はこちらをご覧ください。

夏季の省エネルギー対策について

「夏季の省エネルギー対策について」(文部科学省ホームページへのリンク)

バックナンバー

古い年度のデータをご覧になりたい場合は、
skikaku@adm.nagoya-u.ac.jp までお知らせください。